私学共済についてまとめてみました

かなり狭い分野ですが、私立学校の共済について語っています。
かなり狭い分野ですが、私立学校の共済について語っています。

私学共済の加入条件について

私立学校振興・共済事業団が私立学校振興・共済事業団法に則り
粛々と行っている私立学校への支援の中のひとつとして組み込まれている私学共済。

当然ですがその加入条件は誰でもOKというわけではありません。
しっかりとした条件が定められています。


私学共済の加入条件は、まず学校法人等に使用されている事です。

この「使用されている」という条件ですが、実質上の雇用関係があり
一定の仕事を担当し、常時一定期間の拘束を受けている事、と明記されています。


つまり、教師として雇われていて、ちゃんと仕事があり、この時間まで仕事しなさいと言われている人、と言えばわかりやすいでしょうか。

その拘束時間、つまりは勤務時間によって、加入OKか見合わせかが決まってくるようです。


問題は、この加入条件のボーダーとなる勤務時間ですが、実は学校によって異なっています。


法律等での明確な線引きはなく、学校に委ねているというのが実情なのです。
ですので、条件は勤務先に直接問うしか知る方法はありません。


大まかな目安としては、週当たり9〜12時間以上というのが
最低ラインのようです。

週休2日制の場合、5日間で9〜12時間、つまり1日2コマくらいは担当していないとダメという事になります。

正雇用の職員であれば、なんら問題のない数字ですが、非常勤講師の場合は微妙なラインですね。

その科目を学年で一人しか担当していないという場合であれば、クラスの数にもよりますが、大抵は問題ないでしょう。


担当教師が複数いる場合は厳しい事もあるかもしれません。




PR
車のオンライン査定について
中古車買取会社を複数一括オンライン査定
車の一括10社査定
かなり便利なサービスですよ

私立学校救済の法律 〜私立学校振興・共済事業団法〜

私学共済を運営している日本私立学校振興・共済事業団ですが
その業務および目的などを定義する意味で定められている法律があります。
それが、私立学校振興・共済事業団法です。

基本的な事項としては、私立学校振興・共済事業団が私立の学校における教育、経営をしっかりと行えるように制定してある法律です。

ですから、給付や私学共済など、私立学校振興・共済事業団が私立大学に援助している事はすべて、この法律に基づいて行われているという事です。


こういった法律が制定された背景には、やはり私立の
学校の難しさが挙げられます。

国の援助が公立のように得られない私立は、色々な所にお金がかかるものです。


当然、そうなってくると銀行などの機関に資金の捻出をお願いすることになるのですが、すべての私立の学校がそういったところからお金を借りられるとは限りません。


特に、新設したてという場合や、これから創立する私立の学校に関しては、なかなか思うように資金を集められないのが現状です。

不景気に突入して久しい今のような世の中ではなおさらです。


ただ、もしそういった資金難の理由によって、学校の建設、維持が立ち行かなくなってくると、日本の教育の受け皿が激減し、教育水準に大きな問題が生じてきます。


そこで、私立学校振興・共済事業団といった私立学校の援助を行う機関を作ろうという法律を、私立学校振興・共済事業団法という形で制定したというわけです。


この法律がなければ、私立の学校は今よりさらに厳しい状況に追い込まれていたことでしょう。



**********************************
新生活が始まる時期ですね
新しく一人暮らしが始める方にオススメ
引越し大辞典!引っ越しに関する知恵工夫
引っ越しに関する情報がまとめてあるサイトです
ぜひ参考にしてみてくださいね。
**********************************

日本私立学校振興・共済事業団

共済は、特定の労働団体が行っているものです。


JA共済なら農業協同組合、JF共済なら漁業組合といったように、それぞれの共済は組合などの団体が営んでいます。

そして、私学共済に関しては、「日本私立学校振興・共済事業団」という組織が行っています。

この日本私立学校振興・共済事業団日本という組織は、私立学校における教育の向上や充実、あるいは経営、福利厚生といった面が安定するようなサポートを行う為に設立された団体となっています。

資金の貸付や補助金の交付など、主に経済面での支援を行っています。
また、文部科学省所管の特殊法人に指定されている組織でもあります。

この日本私立学校振興・共済事業団における支援の一つとして、私学共済というものが成り立っています。

教職員の福利厚生を安定させる為、負担の少ない保険を共済という形で提供しているのです。

国公立の学校と違い、国の支援が受けられない私立の学校は、社会の風潮、あるいは経済状況など、あらゆる時代の流れによって、その経営状況が揺らぎます。
そうなってくると、日本の教育という大きな柱も同時に揺らいでしまいます。
それを防ぐ為のサポートを行うのが、この日本私立学校振興・共済事業団という組織の役割なのです。

相談室も設けているので、私学共済についてわからない事があれば、気軽に説明を受ける事もできます。

相談は電話、郵便で受け付けているので、疑問がある場合はそういった手段を使って質問をしてみてはいかがでしょうか。




もし、弁護士にお世話に
なることになったら・・・
何も知らないとちょっとマズイです
弁護士のお世話になる前に読んでおく事まとめました
オススメブログですよ

共済にはどんな種類があるのか

一言で共済といってもかなりの種類があります。



キーワードはこちら
JA共済、JF共済、全労災、県民共済、COOP共済


おのおのもととなる法があり、役割があり、目的があります。


まず、知名度が高いのはやはり「JA共済」でしょう。

JA共済は農業協同組合が作った商品で、農家を守る為にと作られた保証提供活動を目的とした共済です。


ここでは、終身共済、医療共済、自動車共済という
保険と同じ商品が多数扱われています。


こういった共済に加入するには、基本的にはJAの組合員に
ならなくてはなりませんが、入らなくても加入できることがあります。


この他、漁業組合が作った「JF共済」も有名です。

農業、漁業といった産業を扱う労働者は、どうしても自然などの
動かしようのない要素によって収入が変動するので
そういったデメリットをどうにかして無くし、安定を求めようという事で
このような共済が作られています。


また、生協系の全労災、県民共済、COOP共済も有名です。

全労災

全国労働者共済生活協同組合連合会

の略称で労働組合における共済活動を目的に結成されました。

県民共済は全国生活協同組合連合会が元受となり
各県で行われている共済です。


COOP共済は日本コープ共済生活協同組合連合会が元受ですね。

私学共済も、この中の一つに含まれます。

近年、この私学共済が徐々に注目を受け始めています。



JA共済などの保険は、民間の保険と比較し
かなりお得な内容になっているものが多い一方
加入の際に費用がかかるケースもあり、マイナス面もあります。

そういった事から、別の保険、私学共済に注目が集まっているのです。

私学共済制度、入れるものなら入りたい!


wikiより
共済(きょうさい)とは法律の根拠のある制度共済
又は地方自治体内、企業内、労働組合内、学校内、地縁団体内
もしくは1000人以下の者を相手方として行う生命保険・損害保険に類似した
保障ないし補償事業である。



■私学共済について

数ある共済のの1種類として私学共済があります。

JAが農業、JFが漁業であるように
私学共済も特定の職業による共済となっています。

私学共済は、学校法人などで行われるきょうしょくいんの為の共済なのです。


つまり、小学校、中学校、高校などの学校の先生を初めとした
教職員の為の共済制度が、私学共済制度となっています。


■私学共済の対象条件



私学共済では、医療保険や年金保険などの各種保険制度を共済として商品としており
また私学共済制度独自の給付も行われているようです。


加入対象者となるのは、やはり当然ですが学校法人との雇用契約を結んでいる
正職員が一般的ですが、非常勤の職員でも、一定以上の勤務時間を満たす場合は対象となるようです。

ということは、規定以上の勤務時間があたえられていない非常勤の職員、臨時職員
副業で勤務している者においては、加入許可は与えられていません。



こういった、労働時間などが加入条件として組み込まれている保険や共済は
トラブルになりやすいので、条件の緩和などを巡る論争は今も各所で行われています。


■私学共済制度はお得です


私学共済制度は、基本的に事実上の強制加入です。


つまり、条件を満たした段階で、当人の意思に関係なく加入という事になります。


ただ、斡旋や指導などといった強引な行為は行われていないので
そのあたりは健全に運営されているといえるでしょう。


また、加入したからといって、自分の本意でない保険商品を購入する必要もありません。



私学共済の場合は、普通の民間保険会社の保険と比べて掛け金が安いなど
メリットとなる部分が多いので
加入することに抵抗だと思う方は
ほとんどいらっしゃらないようです。

友達「ちょっとお金貸してくれないかな」

新生活が始まっていろいろ入り用があると思います。

そんな時に親友からタイトルのようなことを言われたらどうしますか?


■お金の切れ目は縁の切れ目


お金で人間関係が壊れることを知っているけどもし仲の良い友人から

借金についての相談をされたら、あなたはどうしますか?

しかも、その目的が、お金を貸してもらいたい、という相談だったら。

そのような場合は、できれば友人の話を聞いてあげましょう。


■とりあえず話を聞いてあげよう


ただ、友人がどのような状況にあるのか、話を聞くことが基本で、決し

お金を貸すか判断するための話し合いではないことを、忘れないでください。


だから、あなたに対して、お金がどうしても必要だ、と借りたいという願望をアピールされても、同情やこれからの関係を気にしてしまい、貸すかどうするかという考えはやめましょう。


それは、あなたにとっても、友人にとっても、良いことではありません。


お金を貸すということが、良いか悪いかは別として、お金を貸すことが人を助けること

とは必ずしも言えないということです。


■アドバイスの内容


だから、まずは友人の話をよく聞いてあげて、生活習慣を見直してみたり、節約の方法を教えてあげたりしてみてはどうですか?


そのようなアドバイスでは、現状から抜け出すことができないレベルであれば

法律の専門家に相談することを勧めてみましょう。


悪い状況にあったとしても、債務整理も考慮して行動することで

解決に近づくことができるはずです。

取り返しのつかないことになる前に、早く行動するようにアドバイスしましょう。

もし、消費者金融に関することで、知っている情報があるのなら、それを教えてあげてください。


あなたにできることは、お金を貸すことだけではないはずです。


大切な友人のためにも、できれば、少しでも多くの情報を調べてあげてください。