私学共済についてまとめてみました

かなり狭い分野ですが、私立学校の共済について語っています。
かなり狭い分野ですが、私立学校の共済について語っています。

友達「ちょっとお金貸してくれないかな」

新生活が始まっていろいろ入り用があると思います。

そんな時に親友からタイトルのようなことを言われたらどうしますか?


■お金の切れ目は縁の切れ目


お金で人間関係が壊れることを知っているけどもし仲の良い友人から

借金についての相談をされたら、あなたはどうしますか?

しかも、その目的が、お金を貸してもらいたい、という相談だったら。

そのような場合は、できれば友人の話を聞いてあげましょう。


■とりあえず話を聞いてあげよう


ただ、友人がどのような状況にあるのか、話を聞くことが基本で、決し

お金を貸すか判断するための話し合いではないことを、忘れないでください。


だから、あなたに対して、お金がどうしても必要だ、と借りたいという願望をアピールされても、同情やこれからの関係を気にしてしまい、貸すかどうするかという考えはやめましょう。


それは、あなたにとっても、友人にとっても、良いことではありません。


お金を貸すということが、良いか悪いかは別として、お金を貸すことが人を助けること

とは必ずしも言えないということです。


■アドバイスの内容


だから、まずは友人の話をよく聞いてあげて、生活習慣を見直してみたり、節約の方法を教えてあげたりしてみてはどうですか?


そのようなアドバイスでは、現状から抜け出すことができないレベルであれば

法律の専門家に相談することを勧めてみましょう。


悪い状況にあったとしても、債務整理も考慮して行動することで

解決に近づくことができるはずです。

取り返しのつかないことになる前に、早く行動するようにアドバイスしましょう。

もし、消費者金融に関することで、知っている情報があるのなら、それを教えてあげてください。


あなたにできることは、お金を貸すことだけではないはずです。


大切な友人のためにも、できれば、少しでも多くの情報を調べてあげてください。

name
email
url
comment